• HOME
  • イントラストとは
  • サービス案内
  • 企業情報
  • お問合せ

物流アウトソーシング

“ワークサンプリング”を用いた

当社のミッションの一つは「効率の良い現場作り」をサポートすること。具体的には「ワークサンプリング」という手法を用い、物流現場の問題点と原因を徹底的に分析し、最適な業務フローや人員配置プランをプランニングします。

また現場の業務効率を最大化するため「物流チーム」導入もご提案しています。チームは数名単位の小規模なものから、数十名~数百名の大規模なものまで。現場の実態に即した効果的なプランをご検討いただくことが可能です。

部署・チーム単位、業務・作業エリア単位など

部署 チーム単位 業務 作業エリア単位

「業務すべてをアウトソーシングするのではなく、当初は小さな単位から導入したい」

当社でも「一部の業務や部署に限定」したご利用を積極的にお奨めしております。いきなり全てを変えるのではなく、まずは小さく試し、十分な効果が認められた場合に他業務や他部署に転用していただく、という考え方です。

いずれにしても「ワークサンプリング」により現状分析を行ってからご提案→導入になりますので、事前にある程度の効果を想定した上でお試しいただけます。

●出入荷時のトラブルやミスが絶えない。
●慢性的な人手不足で仕事の増加に対応できない。
●どこに手を打てば作業効率が改善するのかわからない。
●現場の雰囲気が悪い。指揮・命令系統が思ったよう機能しない。

当社のアウトソーシングを導入いただければ、必ずその効果を実感いただけるはずです。

主なサポート業務

  • 荷物の入荷から入庫、棚入れ作業全般
  • 検品・検査業務
  • 在庫管理
  • 仕分け・ピッキング業務
  • 梱包・包装業務
  • 配送管理
  • フォークリフト業務
  • ラベリング、値付け、のし掛け、販促品への封入作業
  • 販売品のセットアップ
  • アパレル流通加工

物流アウトソーシング業務の特長

ヒューマンウェア(人材・組織)を重視したサポート

リフト

最新の設備や機材などの「ハードウェア」や、システムなどの「ソフトウェア」に偏ったオペレーションではなく、当社では「人材マネジメント」「業務フローの見直し」などの「ヒューマンウェア」を重視した「物流現場の効率化や改善」を実現しております。

最新の設備やシステムを備えれば、必ずしも全てが上手くいくわけではないことは、皆様なら既に周知の話しです。ハードウェアやソフトウェアを使い業務を遂行するのが最終的に「人」である以上、「人」を中心に据えた改善プランや物流オペレーションの構築が、結果的に現場で起こっている問題を解消し、業務の効率化を実現する最短距離だと考えております。

物流現場の「見える化」によるソリューション提案

スタッフ

ワークサンプリングにより、物流現場の業務を細かく分解。「業務フロー」「作業にかかる時間」「作業の正確さ(誤謬率)」「スタッフの習熟度」「人員配置」「マニュアル内容」「マニュアルの運用」などあらゆる状況をすべて「見える化」します。

課題を明確にした上で、どのような人員配置や業務フローが適切なのかを計画。ここまで行った上でアウトソーシング業務を開始するので、業務効率や生産性の向上は「ほぼ100%の確率」で達成されるのです。

物流アウトソーシング 専門サイトはこち